沿革

1948 昭和23年10月 元取締役社長 故山岸福次郎が東京都港区に三洋商会創業
1954 昭和29年4月 三洋商会を法人組織にし、資本金200万円をもって株式会社三洋商会(東京)を設立
1959 昭和34年1月 株式会社三洋商会(広島)を設立
  昭和34年11月 三洋鍍金株式会社を東京都江戸川区に設立
1962 昭和37年12月 株式会社三洋商会(東京)は広島市の安芸津物産株式会社(昭和22年7月設立)を買収し、同時に社名を三洋工業株式会社(大阪)と改める
1963 昭和38年9月 株式会社三洋商会(東京)、三洋工業株式会社(東京)、株式会社三洋商会(広島)、三洋鍍金株式会社、三洋工業株式会社(大阪)が五社合併し、商号を三洋工業株式会社とし、本社を東京都江東区に置く
1970 昭和45年3月 本社々屋新築移転(現在地)
1971 昭和46年2月 東京証券取引所市場第二部に上場(資本金4億3,000万円)
1972 昭和47年1月 福岡工場、鉄線の日本工業規格(JIS)表示許可工場となる
1976 昭和51年6月 東京証券取引所市場第一部に指定替え(資本金12億3,420万円)
1978 昭和53年3月 埼玉工場、建築用シーリング材(ポリサルファイド系)の日本工業規格(JIS)表示許可工場となる
1980 昭和55年5月 セルフ・ドリリングスクリューでU.S.M社と技術提携
1981 昭和56年4月

茨城工場、建築用鋼製下地材(壁・天井)の日本工業規格(JIS)表示許可工場となる

  昭和56年9月 福岡工場、建築用鋼製下地材(壁・天井)の日本工業規格(JIS)表示許可工場となる
1983 昭和58年2月 埼玉工場、建築用シーリング材(ポリウレタン系)の日本工業規格(JIS)表示許可工場となる
1986 昭和61年5月 埼玉工場、建築用シーリング材(アクリル系)の日本工業規格(JIS)表示許可工場となる
  昭和61年6月 茨城工場、体育館用鋼製床下地構成材の日本工業規格(JIS)表示許可工場となる
  昭和61年12月 福岡工場、体育館用鋼製床下地構成材の日本工業規格(JIS)表示許可工場となる
1987 昭和62年2月 埼玉工場、建築用シーリング材(変成シリコーン系)の日本工業規格(JIS)表示許可工場となる
1991 平成3年11月 「ホームベース810・880」、BL(優良住宅部品)に認定される
1993 平成5年2月 「トップレール70BL」、BL(優良住宅部品)に認定される
    仙台工場、建築用鋼製下地材の日本工業規格(JIS)表示許可工場となる
1997 平成9年4月 「ホームベースLC」、「ホームベース720」が住宅・都市整備公団の「適合資材」に指定される
2001 平成13年5月 茨城工場ISO9002認証取得
  平成13年11月 戸建住宅関連が省令準耐火構造(住宅金融公庫)に認定される
2002 平成14年3月 「マジックフロア」がエコマーク(財団法人日本環境協会)に認定される
  平成14年12月 福岡工場ISO9001認証取得
2003 平成15年3月 関東工場ISO9001認証取得
2004 平成16年3月 関東統括工場(関東・埼玉・茨城工場)ISO9001認証取得
2013 平成25年3月 技術研究所、関東統括工場としてISO9001認証取得
平成25年12月 福岡工場ISO14001認証取得
2014 平成26年4月

関東統括工場(関東・埼玉・茨城工場、技術研究所)ISO14001認証取得

  平成26年10月 技術研究所に環境試験棟を開設
  平成26年11月 三洋工業福井発電所を開設