防災対応型太陽光発電・蓄電システム

サンライトスクール

地球環境に優しい「低炭素都市づくり」と災害に強い「新次元の防災・環境都市づくり」の両面に大きく貢献する防災対応型太陽光発電・蓄電システム“サンライトスクール”


特長

GSユアサ製 ラインパックΣⅢ 10kW~50kW(三菱仕様)

特長1

国土交通省大臣官房庁営繕部監修

公共建築工事標準仕様(平成22年)に準拠しています。

特長2

蓄電池システムは火災予防条例適合品に準拠しています。

特長3

蓄電池のサイクル寿命は3000サイクル以上です。(寿命期電池容量70%)

特長4

蓄電池は-10℃~40℃までの温度範囲で動作可能です。

特長5

太陽光発電用パワーコンディショナーは10kW~50kWまで対応しています。

特長6

産業用リチウムイオン電池を使用しており、増設により蓄電池の容量(kWh)を増やすことも可能です。(16.9kWh~50.7kWh)

特長7

単相3線(200V/100V)5kVA~50kVAで、内蔵スコットトランスの容量が変更可能です。

特長8

商用系統一太陽光自立出力系統の自動切換器(MCT)を内蔵しています。

特長

太陽光モジュール10kW+蓄電池16.9kWhシステムのご提案

サンライトスクールは24時間、昼夜問わず電力を確保できる、停電や災害に強い太陽光発電・蓄電システムです。

太陽光発電+蓄電池による自立電源の確保

昼は太陽光発電、夜は蓄電池によって24時間電力の利用が可能です。停電時は勿論、災害時にも自立電源が確保できるため、連絡手段である電話や防災無線などの通信機器の使用や情報収集に欠かせないテレビやラジオなどの視聴、LED照明の使用などが可能となります。

太陽光発電             リチウムイオン蓄電地

太陽光発電+蓄電池による自立電源の確保

基本システム構成(太陽光+リチウムイオン蓄電池一体)

基本システム構成(太陽光+リチウムイオン蓄電池一体)

基本システム構成(太陽光+リチウムイオン蓄電池一体)

製品など改良のため予告なしに規格その他を変更することがありますので、あらかじめご了承ください

お気軽にお問い合わせください

お電話からお問い合わせ

メールフォームからお問い合わせ

お問い合わせフォーム

カタログ請求

CAD図面