体育館用ステージユニット

スリーステージ

スリーステージ

ステージ部用の立ち上げコンクリートの打設なしでステージ施工が行なえます。今までにない新しい試みを取り入れたステージユニットです。

ステージ工法の新しい形「スリーステージ」。三重床構造をベースに各種部材をシステム化することで、これまで以上に優れた施工効率を実現します。

特長

特長1

ステージ部は立ち上げコンクリート打設なしで施工できます。

 

スリーステージは立ち上げコンクリートの打設なしでステージ施工が行えます。独自のステージ床構造(三重床構造)はアリーナと同じスラブ面から収縮部床組みを可能にしたため、今までコンクリート立ち上げに掛かっていたコストを低減します。

特長2

ステージの框取り付けが簡単に行えます。

 

スリーステージ独自の規格化された框取り付け用部材が簡単な設置を可能にしました。

特長3

ステージ内部には収納スペースが確保できます。

 

ステージの床下を生かした、スリーステージならではの便利な機能としてご活用いただけます。

特長4

アリーナとステージ部の床組みが効率的に行えます。

 

アリーナとステージ部は支持脚・大引鋼・根太鋼の3つの部材で構成されています。施工は容易に行なえ、アリーナ・ステージとも同じスラブ上で床組みされることから大幅な工期の短縮が図れます。

特長

今までにない試みを取り入れ、誕生したステージユニット「スリーステージ」。

アリーナ建築のニューフェイスとして期待にお応えします。

ステージ部には三重床構造を採用

アリーナと収納部フロアを一体施工、その上にステージフロアが組まれます。

ステージ框部は、フロア下地材と同一職種で施工でき、従来の施工に見られた框取付工事によるフロア施工の遅れ等が防止できます。「スリーステージ」ならアリーナ部からステージづくりまで一貫した工程作業が進められます。

ステージ部の三重床構造

ステージ部の三重床構

ステージの三重床構造はスラブ、収納用フロア、ステージの3つの床から成り立つ新しい形のステージ構造です。

ステージ下地組

ステージ下地組

框用支持台、ステージ用支持台をベースに大引鋼、根太鋼による下地組みとなります。

収納部下地組

収納部下地組

台車収納部はアリーナと同レベルの二重床組構造となります。

床組みは、根太鋼と収納部専用の支持脚、大引パイプにて構成されます。

大引パイプとステージ用支持台は直交クランプにより連結され、下地組の連結強度が一層高まります。

框ユニットが工期短縮を推進

束立てによる木工事工法から、支持台と框設置(取付)部分に、独自の機構を

取り入れ、 框の施工用ユニットとして標準化しました。

支持台はスラブ状況により固定後も 前後・上下に微調整が可能です。

また框の固定部分(金具)も、框の水平度をつくり出すための調整が可能です。

裏側から見た框取付状態

ステージ内部に収納スペースを確保

ステージ内部に収納スペースを確保

一般的な体育館の多くは、ステージ下が各種用具の収納部分となります。三重床構造の「スリーステージ」なら収納するラック(標準台車幅・1200、1250mm)の状況に合わせ、使いやすく強度的にも安全な床をつくり出します。

※受注品:別途ご相談に応じます。

詳細図

ステージ部床伏図

ステージ部床伏図

収納部床伏図

収納部床伏図

三重床組断面詳細図

三重床組断面詳細図

二重床組断面詳細図

二重床組断面詳細図

製品など改良のため予告なしに規格その他を変更することがありますので、あらかじめご了承ください

お気軽にお問い合わせください

お電話からお問い合わせ

メールフォームからお問い合わせ

お問い合わせフォーム

カタログ請求

CAD図面