地震対策用 フェイルセーフシステム

セーフネットSZ

セーフネットSZ

大規模地震により万が一崩落した天井を受け止める、ケーブルとネットで構成されたシステムです。耐震対策が困難な天井の安全確保から、耐震対策済天井のさらなる安全策としてもご利用いただけます。

※画像はイメージです。

特長

天井落下時の避難までの一時的な安全確保が可能

天井の撤去や耐震対策が施しづらい改修物件でも、既存天井下に「セーフネットSZ」を設置することで、万が一の天井落下時にはケーブルとネットが天井材を受け止め、避難までの一時的な安全を確保します。

詳細な強度算定による材料選定

天井材の重量や天井からネットまでの距離(落下距離)などにより、物件によって異なる天井落下時のネットおよびケーブルに加わる荷重を算定し、ケーブル寸法や支持間隔をご提案します。

実験による安全性の確認

本製品に使用されるケーブルやネットは、要素試験による強度性能の把握のみならず、確実な安全性確保の為、実大レベルでの天井落下実験を行い、落下時の挙動の確認と安全性の確認を行っています。実験に裏付けされた安全性に優れた製品となっています。

軽量で扱いやすい安全なネット

単位面積質量約0.2kg/m2の軽量かつ十分な強度を持った角目のネットです。施工の際にも扱いやすく、きれいな仕上がりを実現しやすいものとなっています。また、目合いが22mmと細かいため、天井落下時の金具類の捕捉がしやすいネットです。

設計協力体制

天井が落下した際にかかる衝撃力が、構造体にどの程度影響するかを確認し、梁・柱の増設など、構造体に必要な追加処置をご案内できる体制を準備しております。必要に応じ、設計協力させていただきます。(別途費用が発生いたします。)

用途

学校体育館の屋内運動場

工場・倉庫・店舗(バックヤード等)

多目的ホール

駅舎

病院

大型商業施設  等

実大天井落下実験

実大天井落下試験

実大天井落下試験

実大天井落下試験

実大天井落下試験

  


 

 

 

 

 


※ネットの色は実際の製品と異なります。

セーフネットSZの安全性を確認するために、実大規模の天井材脱落実験を実施しています。施工面積約390m2(16m×24m)にセーフネットSZを設置し、以下の確認を行いました。


  (1)天井重量13.5kg/m2天井面積1.8m×15.5mを2回脱落させ、ケーブル・ネット、支持金具の損傷状態および荷重伝達確認。

  (2)天井重量27.5kg/m2天井面積1.8m×7.6mを支持スパン中央のネットのみに脱落させ、ネットの損傷状態とハンガー・クリップ等の金具類の捕捉状況の確認。


結果として、ケーブル、ネット、支持金具の損傷がないことを確認し、ハンガー・クリップ等の金具類もすべて捕捉していることを確認いたしました。

ネット

ネット

目合い22mmに対して約0.2kg/m2と軽量な素材を使用していますので作業性もよく、且つネットの「目」がきれいに揃えやすい「角目」のものを採用することで、きれいに仕上げやすいものとなっています。また、目合いを細かくすることで天井落下時の金具類の捕捉もしやすく、より安全性に優れています。

ケーブル

ケーブル

(取付け金具は製品に含まれておりません。)

 

特定天井に係る技術基準(設計例―4)での想定を超えた天井落下距離にも衝撃力の算出検討ができる為、設計自由度を広げることが可能となります。

 

※ 設計例-4:建築物における天井脱落対策に係る技術基準の解説では、天井の落下防止措置として、ネットとケーブルで一時的に天井の脱落を防ぐ方法を許容しており、設計手法例を同解説書に「設計例4N体育館」として例示している。

製品など改良のため予告なしに規格その他を変更することがありますので、あらかじめご了承ください

お気軽にお問い合わせください

お電話からお問い合わせ

メールフォームからお問い合わせ

お問い合わせフォーム

カタログ請求

CAD図面