耐震天井 (斜めブレース)

SZⅡ特定耐震天井

SZ耐震天井

国土交通省告示第771号 第3第2項・第4項に対応可能な耐震天井

※諸条件により対応出来ない場合もございますので、まずはお問合せください。

東北地方太平洋沖地震後、建築基準法の改訂により定められた「特定天井」の、最大震度数における脱落対策に対応した耐震天井です。


(SZⅡ耐震天井の特定天井対応仕様となります。)

SZⅡ特定耐震天井の特長

「特定天井」に対応

「SZⅡ特定耐震天井」は建築基準法施行令第三十九条第三項の規定に基づいた"特定天井"の構造方法へ対応した耐震天井です。

(※諸条件により対応できない場合もございますので、まずはお問い合わせください。)

ブレースは設置角度の調整が可能

 「SZⅡ特定耐震天井」は、ブレースの設置角度の調整が可能な天井構成です。

施工性と堅牢性を兼ね備えた「ブレースホルダーNS」を採用

従来のブレースホルダーでは吊元へ堅牢に固定する為、上部ブレースホルダーの固定作業を足元で行っておりましたが、「ブレースホルダーNS」は吊ボルト下端からボルトに沿って滑らせた後に、ブレースを適正角度にセットします。このことにより吊元に堅牢に固定することができます。

"引張"と"圧縮"両方に強度を発揮

 「ブレースホルダーNS」はブレースの引張と圧縮両方の強度が発揮できるようにブレースホルダー本体の強度をさらに向上させました。

天井面に発生した揺れの力をブレースでしっかり受止めます

地震時には質量を持った天井が大きく揺れ、これが力となり、天井下地や周囲の壁を破壊します。「SZⅡ特定耐震天井」ではブレース周囲に「ブレース下部固定金具」や「耐震クリップ」を設置することで、地震により天井面に発生した力を剛性の高いブレースでしっかりと受け止めることが出来る天井システムです。

 SZⅡ耐震天井

SZⅡ耐震天井

SZⅡ耐震天井

SZⅡ特定耐震天井(SZⅡ耐震天井)の加振試験参考データ

SZ2耐震天井 加振試験参考データ (※当社技術研究所の加振台による実験)

部材構成

SZⅡ特定耐震天井

※配置は一例となります。

※ブレースの設置数は強度計算が必要となります。物件情報(矩計図・平面図・天井仕様など)をご準備頂き弊社営業担当までお問合せ願います。仕様ルートまたは計算ルート水平震度法により参考値を算出致します。


納まり図(壁際)

SZ2特定耐震天井_部材構成-納まり図


※詳細はSZ耐震天井 関連部材をご参照ください。

★特定天井の構造方法 仕様ルートにおけるクリアランス

  (その他ルートなど詳細につきましては、設計者の指示に従ってください。)


部品一覧

①野縁

野縁

②野縁受け

野縁受け

③野縁受けジョイント

野縁受けジョイント

④野縁ジョイント

野縁ジョイント

⑤吊ボルト・ナット

吊りボルト・ナット

⑥ブレースホルダー

ブレースホルダー

ブレースホルダーNS(SZⅡ耐震天井用)

⑦ブレース下部固定金具

ブレース下部固定金具

⑧ブレース(斜め部材)

ブレース(斜め部材)

⑨ブレース取付バー

ブレース取付バー

⑩ビス付ハンガー

ビス付ハンガー

⑪ビス付フリーハンガー SZ

ビス付フリーハンガー SZ

⑫ビス付フリーハンガー SZ-B

ビス付フリーハンガー SZ-B

⑬耐風圧クリップ

耐風圧クリップ

 

⑭耐震クリップ

耐震クリップ

クリップの配置

「仕様ルート」におけるクリップの配置

仕様ルートにおけるクリップの配置

「計算ルート」におけるクリップの配置

計算ルートにおけるクリップの配置

納まり図

野縁直交方向

野縁直交方向

野縁平行方向

野縁平行方向

勾配天井 野縁直交方向

勾配天井野縁直交方向

耐風圧クリップ(耐震補強用)の取付方法

【新築工事の場合】

通常のクリップを使用せず、野縁に掛けて、直接両側から野縁受けを挟み込み、ボルトを締めます。

【改修工事の場合】

下図のように、既存の鋼製下地組のクリップの上から野縁に掛けて、野縁受けを挟み込み、ボルト締めします。

1

耐風圧クリップ(耐震補強用)の取付方法1

2

耐風圧クリップ(耐震補強用)の取付方法2

製品など改良のため予告なしに規格その他を変更することがありますので、あらかじめご了承ください

お気軽にお問い合わせください

お電話からお問い合わせ

メールフォームからお問い合わせ

お問い合わせフォーム

カタログ請求

CAD図面