簡易喫煙ボックス

e-Box

「喫煙用集塵・脱臭機」無しで非喫煙者にも安心・安全・低価格、組立・移設が簡単!

「安心・安全」簡単組立・アルミフレームの軽量設計・ シンプルデザイン・ 換気設備で屋外排気

e-BoxⓇe-BoxⓇ

特長

特長1:「安心・安全」e-Box

厚生労働省の基準に適合し非喫煙者にも安心・安全です。

◆気流の風速0.2m/s以上

◆浮遊粉塵濃度0.15mg/m3以下

◆一酸化炭素濃度10ppm以下

特長2:シンプルデザインで低価格

低価格な喫煙ボックスを実現いたしました。「喫煙用集塵・脱臭機」は不用です。

特長3:アルミフレームの軽量設計

軽い部材のユニット化により短時間で組立、移設が可能です。

特長4:煙とニオイは換気設備で屋外へ排出

ユニットの下部の隙間から空気を取り込み、室内の空気は付属の天井取付換気扇より付属のダクトで窓から屋外へ排出し、オフィスや工場などの室内空間をクリーンに保ちます。「喫煙用集塵・脱臭機」は不用です。

特長5:簡単組立・簡単移設

特別な場合を除き組立・移設の専門工事は不要です。

特長

◆厚生労働省「健康増進法」について

平成15年5月1日から施行された健康増進法において、事務所その他、多数の者が利用する施設を管理する者に対し、受動喫煙防止対策を講ずることが努力義務化されました。


■国の動向

平成8年2月『職場における喫煙対策のためのガイドライン』公表(労働省)喫煙室または喫煙コーナー等の設置が必要

e-box_013.jpg

平成14年8月『健康増進法』制定第25条に受動喫煙防止の努力義務規定平成15年5月『健康増進法』施行

●健康増進法 第25条 第5章第2節 受動喫煙の防止

学校、体育館、病院、劇場、観覧場、集会場、展示場、百貨店、事務所、官公庁施設、飲食店、その他多数の者が利用する施設を管理するものは、これらを利用する者について、受動喫煙を防止するために必要な措置を講ずるように努めなければならない。

e-box_014.jpg

平成15年5月 『職場における喫煙対策のためのガイドライン』改定(厚生労働省)

・受動喫煙防止

・煙草の煙が漏れない喫煙室の設置

・屋外排気方式を推奨


平成16年6月東京都においても『東京都受動喫煙防止ガイドライン』を制定

◆e-Box環境測定と測定結果

1:気流の風速

測定点A 測定点B 測定点C 平均値 単位
0.38 0.42 0.41 0.40 [m/s]

※測定結果は強換気時の数値です。

● 気流風速の測定ではドア部、床上70cmまでのれんをさげる。

測定点A : ドア部床上10cm

測定点B : ドア部床上35cm

測定点C : ドア部床上60cm

気流風速の測定

▲気流風速の測定

2:浮遊粉塵濃度

浮遊粉塵濃度[mg/立法メートル]

浮遊粉塵濃度

▲経過時間[min]

3: 一酸化炭素濃度

  一酸化炭素濃度[ppm]
測定点1 測定点2 測定点3
換気扇OFF × × ×
喫煙・強換気
開始~4分後
× 1 ×
5分後~9分後 × × ×
10分後~14分後 × × ×

×:不検出

一酸化炭素濃度

◆e-Box 規格

2~3人用

●幅2.0m・奥行1.4m・高さ2.5m重量105kg

材質/フレーム : アルミ押出形材(ステンカラー色)

面材: 天井パネルダンプラシート

          側面上部パネル  アクリル板

          側面下部パネル  アルミ複合板

標準装備部材

パネル一式 ・ 換気扇1台 ・ スイッチ1台  

のれん一式 ・ 配線カバー ・ ダクト1本 (窓パネルはオプション)

■設置例 : 腰壁窓を利用し、窓パネルによる排気方法

e-Box 規格 2~3人用

▲2~3人用

【開き戸タイプ】もあります

【換気扇】と【スイッチ】は結線済みです

4~6人用

●幅2.7m・奥行2.0m・高さ2.5m重量155kg

材質/フレーム : アルミ押出形材(ステンカラー色)

面材: 天井パネルダンプラシート

          側面上部パネル  アクリル板

          側面下部パネル  アルミ複合板

標準装備部材

パネル一式 ・ 換気扇2台 ・ スイッチ2台

のれん一式 配線カバー ・ ダクト2本 (窓パネルはオプション)

■設置例 : 腰壁窓を利用し、窓パネルによる排気方法

e-Box 規格 4~6人用

▲4~6人用

【開き戸タイプ】もあります

【換気扇】と【スイッチ】は結線済みです

上の2つ規格以外でも対応可能ですのでご相談ください。透明パネルもお使いいただけます。

製品など改良のため予告なしに規格その他を変更することがありますので、あらかじめご了承ください

お気軽にお問い合わせください

お電話からお問い合わせ

メールフォームからお問い合わせ

お問い合わせフォーム

カタログ請求

CAD図面